2017.09.2611/23 第2回「道修町たなみん寄席」を開催します!

田辺三菱製薬は、落語を通して大阪の歴史や文化を学ぶ落語会「道修町たなみん寄席」を開催しています。今年6月に開催し好評を頂いた第1回に続き、第2回「道修町たなみん寄席」を、11月23日(祝・木)に開催します。

第2回のテーマは「大阪人につける薬」。薬の神さまとして知られる少彦名(すくなひこな)神社の11月22日・23日の神農祭にちなんで、大阪の人たちがどのように薬と関わってきたかを、落語と講演でご紹介します。
9月26日より申し込み受付けを開始します。詳細は下記の通り、みなさまのお申込みをお待ちしています!

               記

日時:2017年11月23日(祝・木)18:00-20:00(受付開始17:00-)
会場:田辺三菱製薬本社(大阪市中央区道修町3-2-10)
出演:〈落語〉 桂春之輔「まめだ」 桂米紫「イモリの黒焼き」
   〈講演〉 髙島幸次(大阪大学招聘教授・大阪天満宮文化研究所)
入場料:1,000円(資料代含む)
定員:200名(要事前申し込み・先着順)
主催:田辺三菱製薬株式会社  企画・運営:株式会社140B
申し込み方法:インターネット、FAX、もしくはハガキにて受け付けます。
<申し込み先>
道修町たなみん寄席webサイト 
https://www.tanamin-yose.net/
〒530-0047 大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング602号「道修町たなみん寄席」受付係  
FAX:06-6484-9678
※落語会の開催前後には「田辺三菱製薬史料館」をご見学いただけます。

ページトップへ