2022.05.252年半ぶりにリアル開催!第11回「道修町たなみん寄席」の申し込み受付を開始しました

田辺三菱製薬は、7月2日(土)、第11回「道修町たなみん寄席」を開催します。
当社は、落語と講演を通して大阪の歴史や文化を学ぶ落語会「道修町たなみん寄席」を年2回開催しており、本活動は公益社団法人企業メセナ協議会の「This is MECENAT 2021」に認定されています。2020年以降は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンデマンド配信に切り換え開催してきましたが、第11回は2年半ぶりにリアルで開催します。

今回のテーマは「落語のネタも信心から」。古典落語には、当時にぎわっていたお寺や神社が頻繁に登場します。今回は、当時の人々にとっては当たり前だった民間信仰のようなものが垣間見えるネタを通して、その中に出てくる寺社や、信仰の内容がどのようなものだったのか探っていきます。

5月25日(水)より申し込み受付を開始しました。詳細は以下の通りです。皆さまのお申し込みをお待ちしています。

日時 : 2022年7月2日(土)14:00~16:00 (受付開始13:15~)
会場 : 田辺三菱製薬本社3階(大阪市中央区道修町3-2-10)
出演 : 〈落語〉 笑福亭松枝「三枚起請」 笑福亭生喬「ぞろぞろ」 桂あおば「お血脈(けちみゃく)」
    〈講演〉 髙島幸次(龍谷大学エクステンションセンター顧問・大阪天満宮文化研究所)
入場料 : 1,000円(現地にて現金でお支払いください)
定員 : 150名(要事前申し込み・先着順)
主催 : 田辺三菱製薬株式会社
企画・運営 : 株式会社140B
申し込み方法 : インターネットにて受け付けます。 下記WEBサイトよりお申し込みください。
道修町たなみん寄席WEBサイト https://www.tanamin-yose.net/

<お問合せ先>
〒530-0047 大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング602号
株式会社140B内  道修町たなみん寄席事務局  TEL:06-6484-9677

※落語会の開催前後には「田辺三菱製薬史料館」をご見学いただけます。

ページトップへ